くまのプログラミング日記

日々の学習メモ

Dockerのコマンド

はじめに

Dockerのコマンドを纏めたものです。

①Dockerimageの作成 ②Dockerコンテナの起動 ③Dockerコンテナの削除

を行う際のコマンドになります。

参考

【Docker超入門 #5】アプリを作成・実行しよう

Dockerの確認

docker run hello-world

Hello from Docker!が出力されれば、OK

基本操作

用意するもの

1.アプリケーションファイル 2.Dockerfile

1.アプリケーションファイル

.rbファイルなど

2.Dockerfile

Dockerコンテナを立ち上げる雛形。

docker image

Dockerイメージの立ち上げを行う。

docker image build -t sample/webrick:latest .

docker image build Dockerイメージの立ち上げ -t sample/webrick タグ付けと名前 :latest バージョン情報 . 現在のディレクト

Dockerイメージの立ち上げが出来ているか確認

docker image ls

docker container run

Dockerコンテナの立ち上げを行う。

起動

ポート番号を指定して、起動を行う。

docker container run -p 8000:8000 --name webrick sample/webrick:latest

確認(2種類)

①下記のURLを入力する

http://localhost:8000/

helloが出たらOK

②起動しているDockerコンテナの確認

docker container ls

③全てのDockerコンテナの確認

docker container ls -a

停止(2種類)

①Ctrl+Cで停止

②Dockerコンテナの名前を指定して停止

docker container stop webrick

削除

Dockerコンテナの名前を指定して削除

docker container rm webrick

よく使うコマンド

ログ

Dockerのコンテナの名前を指定してログを出力する

docker container logs webrick

コマンド実行

Dockerのコンテナの名前を指定してコマンドを実行する

docker container exec webrick ruby -v 

掃除

残っているすべてのコンテナを削除する

docker system prune -a