くまのプログラミング日記

日々の学習メモ

デバックツール pry-beybugの導入

はじめに

変数を確認したり、メソッドを呼び出す為の、デバックツールの導入方法のメモになります。

Gemfileに記入する

Gemfile 記入前

group :development do
  # Access an IRB console on exception pages or by using <%= console %> anywhere in the code.
  gem 'web-console'
  gem 'listen', '~> 3.0.5'
  # Spring speeds up development by keeping your application running in the background. Read more: https://github.com/rails/spring
  gem 'spring'
  gem 'spring-watcher-listen', '~> 2.0.0'
end

Gemfile 記入後

group :development do
  # Access an IRB console on exception pages or by using <%= console %> anywhere in the code.
  gem 'web-console'
  gem 'listen', '~> 3.0.5'
  # Spring speeds up development by keeping your application running in the background. Read more: https://github.com/rails/spring
  gem 'spring'
  gem 'spring-watcher-listen', '~> 2.0.0'
 gem 'pry-byebug'
end

docker-compose buildを行う

docker-compose up -d

docker-compose psでコンテナを確認する

   Name                  Command               State           Ports
-----------------------------------------------------------------------------
rails_db_1    docker-entrypoint.sh mysqld      Up      3306/tcp, 33060/tcp
rails_web_1   bundle exec rails s -p 300 ...   Up      0.0.0.0:3000->3000/tcp

railsサーバーにアタッチを行う

docker attach rails_web_1

あとはデバックをしたい部分にbindng.pryを書くだけ。

デバッカーから抜けたい場合はexitかcontinueで抜ける。

アタッチを外したい場合はCtrlキーを押しながら、pキー、qキーの順に押す。

Docker ComposeでRailsを構築

はじめに

Docker-composeでRail環境を構築してみようとした時に行った作業用メモです。 逐次アップデートしていく予定です。

参考

youtu.be

www.techpit.jp

基本操作

イメージのビルド

docker-compose build

コンテナの作成と起動

docker-compose up -d

Dockerfileを更新した時に再度ビルドを行う場合

docker-compose up --build

コンテナを停止・削除

docker-compose down

その他よく使う操作

コンテナの一覧を表示

docker-compose ps

ログを表示

docker-compose logs

コンテナを作成してコマンド実行

docker-compose run<サービス><コマンド>

起動中のコンテナにコマンド実行

docker-compose exec<サービス><コマンド>

全体の流れ

1.Docker関連のファイルを用意

2.初期設定

3.起動

4.追加操作

1.Docker関連のファイルを用意

Dockerfile

Gemfile

Gemfile.lock

docker-compose.yml

2.初期設定

rails newで雛形を作成

docker-compose run web rails new . --force --database=mysql

Dockerイメージを再ビルド

GemfileやDockerfileが新しくなったり変更がある場合はイメージを再ビルドする必要がある

docker-compose build 

データベースの設定

接続先情報を修正

configディレクトリ内のdatabase.ymlを修正する

passwordはMYSQL_ROOT_PASSWORD環境変数の"password" hostはMySQLサーバのコンテナのサービス名である"db"

修正後

default: &default
  adapter: mysql2
  encoding: utf8
  pool: 5
  username: root
  password: password
  host: db

##railsサーバーの起動とDBサーバーの起動

docker-compose up -d

##データベースの作成

docker-compose run web bundle exec rake db:create

bundle exec rakeの部分は、Rails環境にインストールされておりrakeコマンドを実行している。rake db:createでRailsで使用するDBをMysqlサーバ上に作成

localhost:3000で確認

f:id:BruinKuma:20210225235831p:plain

3.開発環境の起動・停止・削除

docker-compose up -d
docker-compose stop
docker-compose down

4.追加操作

トラブルシュート

qiita.com

qiita.com

qiita.com

GitHubの使い方

はじめに

Qiitaの書き方の練習も兼ねて、GitHubの使い方のチートシートを書いています。 時々更新したりするかもしれません。

ファイル操作系

ディレクトリ(フォルダ)の作成

mkdir sample

ファイルの作成

touch sample

ファイル移動

cd sample

ブランチ

現在の状態を確認する

git branch

チェックアウトする

git checkout -b sample

addとcommit

変更のあったファイルをローカルリポジトリに加える

git add sample

差分を確認する

git diff HEAD

コミット

git commit -m "ここにコメント"

ログを確認 コミットの履歴を確認出来る。 qで終了

git log -p

プッシュ

プッシュする

git push origin sample(ブランチの名前)

プル

リモートリポジトリの変更点をローカルリポジトリに取り組む

プルする

git pull

ブランチの削除

リモートリポジトリのブランチの削除

git push -- delete origin sample

ローカルリポジトリのブランチの削除

git branch -- delete sample

ブランチの確認

git branch -a

Dockerのコマンド

はじめに

Dockerのコマンドを纏めたものです。

①Dockerimageの作成 ②Dockerコンテナの起動 ③Dockerコンテナの削除

を行う際のコマンドになります。

参考

【Docker超入門 #5】アプリを作成・実行しよう

Dockerの確認

docker run hello-world

Hello from Docker!が出力されれば、OK

基本操作

用意するもの

1.アプリケーションファイル 2.Dockerfile

1.アプリケーションファイル

.rbファイルなど

2.Dockerfile

Dockerコンテナを立ち上げる雛形。

docker image

Dockerイメージの立ち上げを行う。

docker image build -t sample/webrick:latest .

docker image build Dockerイメージの立ち上げ -t sample/webrick タグ付けと名前 :latest バージョン情報 . 現在のディレクト

Dockerイメージの立ち上げが出来ているか確認

docker image ls

docker container run

Dockerコンテナの立ち上げを行う。

起動

ポート番号を指定して、起動を行う。

docker container run -p 8000:8000 --name webrick sample/webrick:latest

確認(2種類)

①下記のURLを入力する

http://localhost:8000/

helloが出たらOK

②起動しているDockerコンテナの確認

docker container ls

③全てのDockerコンテナの確認

docker container ls -a

停止(2種類)

①Ctrl+Cで停止

②Dockerコンテナの名前を指定して停止

docker container stop webrick

削除

Dockerコンテナの名前を指定して削除

docker container rm webrick

よく使うコマンド

ログ

Dockerのコンテナの名前を指定してログを出力する

docker container logs webrick

コマンド実行

Dockerのコンテナの名前を指定してコマンドを実行する

docker container exec webrick ruby -v 

掃除

残っているすべてのコンテナを削除する

docker system prune -a

Docker+VScode 環境構築 for Windows

はじめに

Windowsで環境構築をした際に、行った手順のメモです。 WindowsでDockerとVScodeを使いたい方向けの記事になります。

参考

【Docker超入門 #2】環境構築 for Windows

Docker超入門講座 合併版 | ゼロから実践する4時間のフルコース

Windowsのバージョンを確認する

Windowsキー + Rでwinverと入力する。

image.png

自分が環境構築を行った際のバージョンです。 image.png

インストールするもの

  1. Windows Terminal
  2. VScode
  3. Git
  4. WSL 2
  5. Docker

Windows Terminal

https://www.microsoft.com/ja-jp/p/windows-terminal/9n0dx20hk701?activetab=pivot:overviewtab

VScode

https://code.visualstudio.com/

初期設定は以下の記事を参照させて頂きました。 https://qiita.com/gyu_outputs/items/8e0d91f625e1daa8720b

Git

https://git-scm.com/

基本的にはnextを押す 下記の部分のみ、VSCodeで使える様にします。

image.png

インストール後の確認方法

cmdで以下を叩く

git --version

WSL 2

https://docs.docker.com/

下記のURL先の手順1~6を行います。

https://docs.microsoft.com/ja-jp/windows/wsl/install-win10

Powershellで以下のコマンドを叩く

Start-Process powershell.exe -Verb runas

管理者画面が出てくる image.png

手順1 LinuxWindows サブシステムを有効にする

dism.exe /online /enable-feature /featurename:Microsoft-Windows-Subsystem-Linux /all /norestart

先ほどの管理者画面に、上記のコマンドを入力する。 image.png

手順 2 - WSL 2 の実行に関する要件を確認する

x64 システムの場合:バージョン 1903 以降、ビルド 18362 以上。

最初に、Windowsのバージョンを確認したのでOK

手順 3: 仮想マシンの機能を有効にする

dism.exe /online /enable-feature /featurename:VirtualMachinePlatform /all /norestart

image.png

端末の再起動を行う。

手順 4 - Linux カーネル更新プログラム パッケージをダウンロードする

手順 5 - WSL 2 を既定のバージョンとして設定する

wsl --set-default-version 2

手順 6 - 選択した Linux ディストリビューションをインストールする

Ubuntu 20.04 LTS を選択

image.png

Docker

https://docs.docker.com/docker-for-windows/install-windows-home/

Install Docker Desktop on Windows 10 Home

https://hub.docker.com/editions/community/docker-ce-desktop-windows/

Get Dockerボタンを押下して、Dockerをインストールする image.png

インストール後、Dockerが起動するので、Skip tutorialボタンを押下する

image.png

インストール後の確認

TerminalでUbuntuを開き、以下のコマンドを叩く

docker --version

バージョンが確認出来たら、インストール完了です。